少しだけ映画の話を

配給会社に勤務。つらつらと書き綴ります。

この世界は好き勝手にオナラもできやしない!「スイスアーミーマン」映画評

過去に書いていたものがあったので、公開からだいぶ時間が経ったが公開↓

 

------------------------------------------------------------

 

オナラの勢いで空を飛ぶ

 

往年のギャグ漫画で擦り切れるほど使い込まれてきたようなベタすぎる下ネタである。もうさすがにこんなにわかりやすいギャグなんて、コロコロコミックでも読まない限り見ることはないだろうなと思っていたが、まさか映画の中で見ることになるなんて…。

 

スイス・アーミー・マン

 
<あらすじ>

無人島で遭難してしまったハンク(ポール・ダノ)は生きる気力を失い、悲嘆のあまり自殺しようとする。ちょうどそのとき、海岸に流れ着いた男性の死体(ダニエル・ラドクリフ)が目に飛び込んでくる。その死体からはガスが出ており、浮力があった。ハンクが飛び乗ると、死体は水上バイクのように動き始め……。

出典:シネマトゥデイ 

 

f:id:Naoppcom263:20170924112000j:plain

 

ハリー・ポッター役で一躍スター街道をのし上がったダニエル・ラドクリフが、ある意味こちらも魔法のような力を持った死体役としてスクリーンに登場したのだ。予告編は彼のオナラでジェットスキーのように海を爆走する衝撃的な映像だった。あの初々しい頃からは想像も出来ないおしり丸出しの演技に挑んだダニエル・ラドクリフ

 

共演するのは、心温まる家族の姿を描いたロードムービーの傑作「リトル・ミス・サンシャイン」情緒不安定な青年役を演じ、Netflixの話題作「オクジャ」では華麗なスーツ姿を披露したポール・ダノだ。

 

f:id:Naoppcom263:20170924115307j:plain

 

ハンク(ポール・ダノ)は社会から逃げ出し、船で旅に出た途中に難破し、無人島にたどり着く。太平洋のど真ん中で「「孤独で死にたくない。」とゴミにメッセージを書くがもちろんそんなもので助けがくるはずがない。

「もう死のう」

そう覚悟して首に縄をかけた彼の目の前に、信じられない光景が。なんと浜に一人の男(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着いていたのだ。しかも豪快なオナラをしながらブルブルと震えているではないか!彼は男のもとに駆けつけ、そのオナラの勢いをエンジンにして大海原に繰り出していく!「やった!ついに無人島を脱出だ!!」

 

しかもこの男、メーニーは死体でありながらも会話ができ、口からは飲み水を出し、腕は斧のようになり、極め付けにはあそこがコンパスの役割を果たすのだ。一家に一台あればもう大助かりなスイス・アーミー・マン(十徳ナイフならぬ十徳男)である。

 

無事に脱出したハンクは杖なき彼のスーパーパワーを使い、見事元の世界に戻れ……ないのである。彼が現実世界から逃避した原因を解消しなければ、結局戻ってもまた逃げ出して大自然で野垂れ死ぬのがオチでしょう。

 

そこで彼はどうしたか?

そう、死体を相手に自分の心に抱えた苦しい記憶を再現して、トラウマを克服しようとするのだ。

さながら青春映画のようにきらきらと煌めく楽しい時間を二人は過ごすことになる。そしてついにハンクは自分の殻を破り、トラウマから解放され、現実世界で生きる力を手にする。見るもの全員に爽快なオナラをかまして、THE ENDである。やったね。

 

 

…ところで、メニーって一体何者だったの?

ハンクの窮地に突如として現れた救世主メニー。ハンクが困った時、欲しいものを与えてくえるメニー。死体でありながら、饒舌でハンクの心の傷を癒していくメニー。

「メニーって何?意味がわからないこの映画。馬鹿すぎる。」という声が聞こえてきそうだが、ここはひとつ、ゾンビに精通した”あのレジェンド”を引き合いに出して考察してみよう。

 

f:id:Naoppcom263:20170924121613j:plain

 

映画における”死体”や”ゾンビ”は何を表現するのだろうか?

ゾンビ映画の祖と言われるジョージ・A・ロメロ監督は「ゾンビ(原題:Dawn of the Dead)」 (1978)で死んでもなお動き続ける死体とそれに対峙する人間を描いた。死者たちは生前の習慣を体で記憶しており、無意識のままに大型ショッピングセンターを徘徊していたのだ。これは当時主流となりはじめたショッピングセンター、つまりは大量消費社会に傾倒していく人々を揶揄しており、死んでも消費行動を続ける”ゾンビ”たちは恐ろしくも痛烈な風刺となっていた。

 

”ゾンビ”というのは腐敗した人間である。土の中で眠るはずだった死者は、人間の過ちやエゴ、負の側面から”ゾンビ”というあるべきでない姿で生まれてくるというのがお決まりなのだ。

 

本作冒頭で、メニーは盛大なオナラで身を震わせながら登場した。その後の展開でハンク自身が語っているが、人前でオナラをするということは普通の人はやらないことだ。みんな隠れてオナラをする。人前でおならをすることは恥ずべきことと考えるハンクは道中でメニーのお尻にコルクで栓をすることになる。

 

こじつけかもしれないが私はこの行為からメニーはハンクの生み出した”ゾンビ”だと考えた。自分の中に抑え込んでいる部分、つまりハンクの負の側面(彼が負だと考えているだけだが)が表出した姿だったのではないだろうか。

 

自分は変わりものだから、誰にも相手にされないからとイヤホンで現実世界を遮断して、思いを伝えられず、挙げ句の果てには孤独に死んでいく。その死んだ姿こそがメニーだ。だからハンクは自分に言い聞かせるように叱咤激励し、自分の望むスーパーパワーを発揮させ、恋愛のトラウマを追体験させる。本当は友達とパーティーで騒ぎたかったし、困った時に役立つ求められる人になりたかったし、キザな言葉で彼女に声をかけたかった。

 

f:id:Naoppcom263:20170924233028j:plain

 

だからすべてのトラウマを克服した時、彼はようやく現実社会に戻ることができた。それと同時に彼の”ゾンビ”、つまり負の部分は死んでいった。ハンクは「名前はメニー」と負の部分を背負わなくなった自分として生きていこうとする。

 

だが、それで良かったのだろうか。ハンクは死体袋に入れられ、本当に葬り去られる自分の”ゾンビ”を思い立ち止まる。トラウマをなくし社会に求められるままの自分として生きていくことが本当に正解なのだろうか。社会で変人とされるからオナラを隠れてすることが本当に正解なのだろうか。

 

いや、そうじゃない。過去のトラウマ、気持ち悪いと思われること、イケていなかった自分、全て引っくるめてまずは自分を認めないといけないはずだ。だからハンクは死体袋を奪い、逃げ去った。そして追い詰められた浜辺でオナラをかましてやったのだ。

 

すると不思議、メニーは再びオナラ全快で動きだした。

 

その姿を見て笑っていたのはハンク、そして彼の父。自分を投影した”ゾンビ”つまり負の部分を認めたことで、殻を破ったハンクに同調したのだ。だから、父が笑顔でうなずくことも理解できる。 

 

 

汚くたっていい、ダサくたっていい、周りと比べて劣等感を感じて大切なものを捨てる必要なんかどこにもない。

 

f:id:Naoppcom263:20170924232241j:plain

 

ラストシーンでそう語りかけてくれる「スイス・アーミー・マン」は、社会の中で疎外感や劣等感を感じる者たちに捧げるエネルギーに満ち溢れた痛快なおとぎ話だった。

 

私は”彼”に心の底から嫉妬している。『パターソン』映画評

 
ジム・ジャームッシュ最新作として話題を集めた『パターソン』
 
f:id:Naoppcom263:20170918190326j:image
 
興行成績を見てもなかなかの良い結果を残しているのはなないかと思う。永瀬正敏さんが出演していることもあり、日本人にとっても受け取りやすい作品ではないだろうか。
 
この映画は"言葉"の映画である。
 
主人公パターソンは自らの名前と同じパターソンという街に住むごく普通のバス運転手。だが、彼には「詩」という秀でた才能があった。
 
流れ行く日常の風景の中で、随所に挟まれていくパターソンの綴る"言葉"。スクリーンには彼の手帳に書き込まれた"言葉"たちが浮かび上がってくる。
 
f:id:Naoppcom263:20170918190300j:image
 
同様のシークエンスは心地よいリズムで、作中に何度も繰り返される。これが素晴らしい。
 
私自身、詩に関しては全くと言っていいほど知識を持ち合わせいない。
 
詩を普段から嗜んでいる方々には大変失礼な話かもしれないが、正直「詩」という言葉を聞くと、どこか高貴で私たちの生活とは離れた場所にあるモノのように感じる。しかし、この映画を見て「詩」に対するイメージが大きく変わり、こんなにも身近で、愛おしくモノだと思えるようになった。
 
 
 f:id:Naoppcom263:20170919001821j:image
 
本作はただ単に日常を何気なく切り抜いて「どう?こんな毎日もいいでしょう?」と見せるよう映画でなく、流れ行く時間の切り取り方を提示する映画だと考える。
 
 言語学の有名な仮説にこんなものがある。
 
「言語が思考を規定する」
 
言語が変われば、思考はその言語に依存することになる。例えば日本語は「理由→結論」型なのに対して、英語は「結論→理由」型の言語だ。そのため欧米人は常に端的に物事を考え、会話も常に伝えたいことを明確に述べる傾向がある。
 
この仮説は個人的には正しいものだと思う。(余談だが、記憶に新しいものでドゥニ・ヴィルヌーブ監督『メッセージ』(2017)もこの仮説に基づいたストーリーであった。)仮説の真意は違えど、思考するための知識や方法を知っていることは、人生の見方を180度変えることもできるということではないだろうか。
 
そしてこの仮説思い出し、私はパターソン、引いてはジム・ジャームッシュ監督が羨ましくて堪らなくなった。
 
映画の中で映し出される映像を、私は何気ない日常としかイメージとして捉えることが出来なかったが、パターソンにとっては周囲の人間が「何気ない」と考える時間を、自らの豊かな"言葉"に支えられた思考の中で何十倍も楽しんでいるのだ。
 
「時間」は全ての人に平等であるが、「思考」は平等ではない。水の流れる音、家にいつもあるマッチ箱、バスの中での乗客の中身のない会話。その一つ一つを自分の言葉で愛おしいモノに脚色していく。
 
また、双子の子供や愛犬が毎晩倒す郵便ポストなど彼の生活には「韻」がある。しかしこれらも詩を嗜んでいなければ気にもとめないような些細なことになって、受け流してしまうかもしれない。
 
彼は、意識しなければ"日常”として受け流してしまうようなものを”言葉”で切り取り、”詩”という新たな表象物に昇華させているのだ。
 
 f:id:Naoppcom263:20170919001950j:image 
 
『パターソン』で見た彼の感性溢れる言葉で綴られた”日常”は、もちろん彼にしか見えないものである。(他人がその世界を見ることができる唯一の方法が手帳でしたが…。)
 
そしてジム・ジャームッシュ監督が持つ視点も、彼の映画を通してしか見ることができない。 音楽にも精通し、キュレーターとしても有名な彼の作品を見るたびに、「映画」や「音楽」という切り取り方を持つ彼に私は嫉妬している。
 
 
 
 
この映画からは、これからの”日常”を過ごすために大切なことを教えて貰えた気がする。
 
毎日は、この世界は、あれほどにも愛おしく思える。
それは自分の切り取り方次第だと。
 
 
 
 
 
 

”映画”に惚れる映画『ベイビー・ドライバー』映画評

 

ネットで評判のベイビー・ドライバー

かなり前にはなりますが、初日舞台挨拶にて主演のアンセル・エルゴートを拝んできました。恥ずかしながら彼のことをまったく知らず、黄色い歓声で会場が沸き立つ中、 一人ぽかん顔。

 

確かに若くて優しそうな顔立ちで日本人受けがとても良さそうなお方ですね。

f:id:Naoppcom263:20170830225305j:plain

 

肝心の映画の内容についてですが、あらすじ等はネットに溢れる情報におまかせするとして、幕開けからエンドロールまで1秒も息をつけぬほどのスピード感とノリを持った作品でした。そして、紛れもなく人を選ばず万人が心躍らせる作品であることは確かだと思います。

 

何故でしょうか。

 

それを万人が楽しめるほど多くの要素を隅々まで最適なバランスで散りばめているからだと思います。

 

フランス映画界の巨匠、ジャン=リュック・ゴダールは「男と女と車があれば映画はできる」と言いました。この言葉は真意はさておき、映画というものは様々なフェティシズム(*1)から作られてきました。ハリウッド超大作として地位を築いた『ワイルド・スピード』シリーズなどがその典型的な例です。街中では滅多に見かけないようなピカピカに磨き上げられたボディ、唸るエンジン音、そしてそのモンスターカーの隣には肌の露出の多い美女。

 

(*1 ここでは本来の性的な意味に限らず、特定のモノに対する強い嗜好という意味で使います。)

 

それなりに車に興味がある人からすればヨダレものの作品です。

ただ本作『ベイビー・ドライバー』は車だけでなく、音楽を軸としてラブロマンス展開やミュージカル調の長回しカット、ありとあらゆる映画的面白さを詰め込んだ作品になっています。

 

車と美女だけでも『ワイルドスピード』のような強力フェティッシュ映画が出来上がるのにですよ。しかし、この作品はただ要素を詰め込んだけではありません。

 

f:id:Naoppcom263:20170903155007j:image

 

映画というのは「編集」が作品の良し悪しを大きく決定し得るモノです。

 

ゲッタウェイドライバー(逃がし屋)を主人公とした作品はニコラス・ウィンディング・レフン監督『ドライブ』をはじめ多くあります。それでもこの作品が唯一無二である理由は、詰めに詰め込んだ要素を素晴らしい撮影と編集技術によって綺麗に1つのライン上に整列させているからでしょう。

 

f:id:Naoppcom263:20170903154904j:image

 

実際の撮影現場でもシーンで使われる音楽を流しながら演技をしていたそうです。そしてその素材を編集段階でコンマ1秒狂わないタイミングで音楽に載せていく…。

 

少しでも映像制作をしたり、動画編集をしたことがある人であればこれがどれだけ気の遠くなる作業かは容易に想像がつくでしょう。

 

音楽のビートに合わせて役者が演じ、車やコインランドリーまでもが踊り出す。そしてその舞台には僕らの好きなあんなものこんなものが散りばめられているのです。

 

映画ファンなら心踊らずにはいられない定番の展開も、クールな音楽に載せてリミックスすればこれだけ新鮮に面白く感じられるのだと、『ベイビー・ドライバー』を見て驚きました。

 

ミュージカルアクションという新ジャンルを創りあげた監督の熱意と手腕に拍手!!