少しだけ、映画の話を

映画配給会社に務める人の映画ブログ。つらつらと書き綴ります。

レビュー

レフン監督『オンリー・ゴッド』で描かれる"神"の 存在

ニコラス・ウィンディング・レフン監督の作品には宗教や神話といった形而上学的なものが軸になっていると感じる。彼自身の宗教観が強く表れているからだろう。それが顕著に表現されたのが『オンリー・ゴッド』である。 「難解」「何がしたいのかよくわからな…